受付時間

宇治東洋鍼灸整骨院 0774-66-3358

鵞足炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 走っていると膝の内側が痛い
  • 階段の上り下りで膝下の内側が痛い
  • 椅子からの立ち上がりで膝が痛い
  • しゃがみ込む動きが辛い
  • 膝が痛くてスポーツを存分にできない

鵞足炎とは??|宇治東洋鍼灸整骨院

皆さんは「鵞足炎」
聞いたことはありますか?

 

鵞足というのは膝の内側を通る
『縫工薄筋』『薄筋』『半腱様筋』の3つの筋肉が付着するところを言います。

この絵は左ひざの内側です。

 

 

このくっついているところが“ガチョウの足”に似ていることから鵞足という名前が付けられました。

 

この部分で炎症が起きることを『鵞足炎』と言います。

膝の曲げ伸ばしや走る動作、ジャンプ、切り返しの動作などで痛みが出ることからスポーツ障害の一つとされています。

 

主にサッカー、バスケットボール、バレーボール、テニスなど瞬間的な動きがあるスポーツに多いと言えます。

勿論、マラソンのような長距離ランナーも膝には負担がかかるので生じることはあります。

 

スポーツ選手に多いというだけでスポーツをされていない方にも起こりうるので、

膝の内側、特に膝のお皿より下あたりに痛みがあればこの“鵞足炎”を疑ってみてもいいかもしれません。

鵞足炎の原因!!|宇治東洋鍼灸整骨院

先程もお伝えしましたが、


鵞足炎は膝を曲げたり伸ばしたり走ったり飛んだり捻ったりという動きで痛みが生じます。

 

この鵞足炎は一回の衝撃というより、繰り返しの動きで蓄積されて痛みが出る(=オーバーユース)ことが多いです。

 

つまりは疲労の蓄積。

スポーツで負担がかかっているにも関わらず体を休めていないとどんどん筋肉は硬くなり、

血流が悪くなり、柔軟性を失ってしまいます。

その他にも運動前の準備不足、運動後のクールダウン不足、無理な運動をしていると症状は強めてしまいます。

 

膝という関節は体重を支える部分でもありますし、人間にとってとても重要な部分です。

その分、柔軟性はどこの関節よりも必要です。

放っておくとスポーツをすることは勿論、歩くのも困難になりかねません!!

 

放置のし過ぎは禁物です!!

 

 

鵞足炎の施術法|宇治東洋鍼灸整骨院

スポーツをしていて膝が痛くなった。

「これは鵞足炎か!?」となった場合。

 

まずは冷やしてください。アイシングです。

スポーツをしたあとは特に炎症を起こしていますので、

その炎症をまず取り除く必要があります。

 

 

軽い膝の痛みの場合は安静にしてアイシングをしていれば痛みは引いてくれます。

しかし、鵞足炎の場合はまた動き出すと痛みは出てきてしまいます。

 

 

宇治市大久保の宇治東洋鍼灸整骨院では「鵞足炎」に対しての施術は以下になります。

 

超音波ハイボルテージ施術

1秒間に200~300万回の細かい振動により、細胞を活性化させ、

炎症除去・血流改善が期待できます。

鵞足炎は繰り返しのスポーツ動作で鵞足部に炎症が起きているので、

そこの炎症を取り除いて症状を改善していきます。

 

鍼灸施術

痛みが出ているのは鵞足部ですが、

先程もお伝えした『縫工筋』『薄筋』『半腱様筋』が硬くなることで

痛みを出していますので、それらの筋肉を緩めるために行います。

 

 

 

 

そして「大事な試合前で今をなんとかしてほしい!」という場合は

上記の施術にテーピングを用いて対応もできます。

 

 

 

鵞足炎と聞き慣れない症状ですが、膝の内側に痛みを感じたら疑ってみてください。

繰り返しの動きで痛みが生じているので、しっかり休んでケアをするべきです。

 

 

今後スポーツを続けていくためにもお困りの方は是非ご相談下さい!!

宇治東洋鍼灸整骨院

お問い合わせ

住所
〒611-0031 京都府宇治市広野町一里山65-3 クレスビル1F
駐車場
6台完備

受付時間