受付時間

宇治東洋鍼灸整骨院 0774-66-3358

シンスプリント

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 陸上競技をしていて走ると足が痛む
  • ジャンプをするスポーツをしていて着地するとき痛くなる
  • 最近練習量が増えてきて痛みが出てきた
  • 練習後、すねの内側に熱感がある
  • 扁平足と言われたことがある
  • 常の痛みはないが、押されると痛みがある

シンスプリントって??|宇治東洋鍼灸整骨院

シンスプリントとは、「脛骨過労性骨膜炎」と言われ、下腿の内側の内くるぶしから上に3~4センチぐらいのところに痛みが起きます。痛みは鋭い痛みではなく、鈍い痛みとなるのが特徴です。

陸上競技など走ることが多い選手やバスケットボール、バレーボールのようなジャンプ競技の多い選手に多く発生します。

字の通り脛骨に付く筋肉が過労されることによって緊張が強くなり、骨膜が耐えきれなくなり炎症を起こしてしまいます。

 『急に練習量が増えた』 『足の内側が痛い』

これらに当てはまる場合はシンスプリントの可能性が高いです。少しでも痛みが出てきたら早めに改善をすることをおすすめします。

なぜならシンスプリントは筋肉の炎症ですが、ここの部分の痛みを放置しておくと『疲労骨折』となることもあります。

骨折と聞くと恐ろしいものを想像しがちですが、原因は使い過ぎです。痛みが出てきたら出来る限りスポーツ活動を中止してください。

そうすれば疲労骨折のリスクは軽減できます。そして放置することなく施術をすれば必ずよくなります。

どんな人に起こりやすいのか!!|宇治東洋鍼灸整骨院

走ることが多かったり、ジャンプをすることが多かったりする選手に多いとお伝えしましたが、よく起こる選手の特徴があります。

回内足

回内足というのは足首自体が内側に向いている状態です。この状態になるとシンスプリントの原因の筋肉である「後脛骨筋」が常に引っ張られていることになります。

扁平足

扁平足というのはいわゆる”土踏まず”が減っている状態です。土踏まずは歩いたり走ったりするときの衝撃をバネのような働きを使って和らげてくれます。しかしこの土踏まずがなくなる扁平足になってしまうと、足全体に負担がかかってしまい痛みや疲れが出やすくなってしまいます。

ハイアーチ(凹足)

ハイアーチとは土踏まずの逆の状態でいわゆる”甲高”と言われる状態です。土踏まずがありすぎるのも足に負担をかけてしまいます。かばいながら歩いてしまうことになるので疲れがより溜まりやすくなってしまいます。

X脚

X脚というのは膝が内側に入って骨盤から足にかけて「X」のように見える状態です。いわゆる”内股”になっている状態です。このようになってしまうと足は扁平足気味になってしまうので、足にかかる負担は強くなってしまいます。

 

これらになる原因は、
*筋力低下
*運動不足
*足首の柔軟性の低下
*ふくらはぎの筋肉の硬さ

 

などが挙げられます。逆を言えば予防ができますね。

宇治東洋鍼灸整骨院のシンスプリント施術|宇治東洋鍼灸整骨院

治療としては、主に【鍼灸施術】と【ハイボルテージ施術】で対応させていただきます。

鍼灸施術も患部だけではなく、その周りの筋肉も緩めていきます。股関節や膝の動きが悪くて起こす場合もあるので、そういった場所にもアプローチを加えていきます。そしてどうしても足を痛めてしまうと反対側の足に体重をかけてしまいます。

そうなると反対側の足にも症状が出ることがあるので、足全体的に施術させていただきます。

宇治市 大久保の宇治東洋鍼灸整骨院のシンスプリントに対する

【鍼灸施術】はこちら→鍼灸施術

そしてシンスプリントは”使い過ぎ”による疲労の蓄積が大いに関わってきますので、痛みがある程度治まってきたら足の疲れを取っていく【オイルマッサージ施術】も取り入れていきます。ツボの刺激も加えていくので疲労回復には絶大の効果があります。

 

 

 

宇治市 大久保の宇治東洋鍼灸整骨院のシンスプリントに対する

【オイルマッサージ】はこちら→オイルマッサージ

さらに試合前には少しでも痛みを減らし、筋肉の補助をするために【テーピング】も行っていきます。

シンスプリントは練習がハードな選手によく起こるものです。当院で施術をして楽にはなっても再び練習をすることで痛みが戻ることもあります。ですが、当院は必ずあなたの力になります。出来る限りのご要望を叶え、目標のお日にちに向けて全力でサポートさせていただきます。

シンスプリントは『早期施術、早期回復』です。お困りの方はお早めにご相談ください!!

宇治東洋鍼灸整骨院

お問い合わせ

住所
〒611-0031 京都府宇治市広野町一里山65-3 クレスビル1F
駐車場
6台完備

受付時間