受付時間

宇治東洋鍼灸整骨院 0774-66-3358

四十肩・五十肩

四十肩・五十肩に関係するブログはこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

「四十肩・五十肩について」

「四十肩・五十肩の原因!」

「四十肩・五十肩の施術法」

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 髪を洗おうと頭に手をやると痛む
  • 服の脱着が痛くてスムーズにできない
  • エプロンをしようとしたとき腕が後ろに回しづらい
  • 下着の着脱時に腕が回らない
  • 車の後部座席の物を取ることできない
  • 上の荷物が取れない
  • 電車のつり革を持っているのが辛い
  • 寝返りを打つと痛くて目が覚める
  • 夜中に痛くて起きる

四十肩・五十肩って??|宇治東洋鍼灸整骨院

皆さんは『四十肩・五十肩』をご存知でしょうか。名前は聞いたことある方がほとんどだと思います。

ですが、本当の四十肩・五十肩を知っている方は少ないと思います。

四十肩・五十肩の正式な名称は「肩関節周囲炎」といいます。他にも「フローズンショルダー(凍結肩)」ともいいます。名前の通り40歳代以降の方になることが多いのでこの名前を付けられていますが、30歳代の方でもなることは重々にあり得ます。

原因は名前の通り、肩関節の周囲に炎症が起きている状態です。肩関節は”球関節”と呼ばれ、球体を包むような構造をしています。ですので、可動域(動く範囲)が広い関節と言えます。可動域が広いという言うことは、リスクも多くなるので、しっかりとした構造になっています。その関節の周りを筋肉、靭帯、腱など様々な組織で支えられています。この周りの組織に炎症が起きると痛みが生じてしまいます。その中でも主となるのが筋肉です。多くは筋肉を痛めていることが多いです。肩関節は可動域が広い分、沢山の筋肉が関連しています。ただ闇雲に筋肉の硬さを取るような施術だとよくなるどころか、筋肉が硬くなることもあります。どこの筋肉を痛めているかしっかり見極めて施術をしていかないと効果は現れません。

四十肩・五十肩は長年の積み重ねで起きるものです。個人差はありますが、多少の時間はかかりますので気長に施術と向き合っていかなければならない厄介な症状でもあります。

なぜ四十肩・五十肩は治りにくいのか!!|宇治東洋鍼灸整骨院

先ほどもお伝えしましたが、四十肩・五十肩は肩関節周囲の組織の炎症、特に肩関節を支える筋肉の炎症です。肩関節は前・後ろ・横・裏と様々な場所の筋肉で支えています。

特に重要になってくる筋肉が「ローテーターカフ(回旋筋腱板)」と呼ばれる筋肉です。ローテーターカフは棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋からできるものを総称して言います。聞き馴染みの言葉で言うと【インナーマッスル】です。これなら聞いたことがある方もおられると思います。インナーマッスルの特徴は、持続性です。腕の重みに耐え、肩に引っ付けておくような持続させておく筋肉になります。これらの筋肉が硬くなることで肩の動きを制限してしまいます。ということはこれらの筋肉をしっかり緩めれば症状が治まるということになりますね。ですが、これらのインナーマッスルは深層の筋肉なので、刺激を加えるのが大変難しいです。肩関節は日頃からよく動かす関節ですので安静にしにくいのも治りにくい一つの原因です。

そして四十肩・五十肩は積み重ねで起きるものです。長年の負担のかかる姿勢、疲労、肩へのケアの怠りなどが原因が多いです。ですので、数回の施術で全てが取れるというのは難しいものがあります。抱えてきた期間相応の期間の施術が必要がなってくることもあります。

四十肩・五十肩の治っていく期間|宇治東洋鍼灸整骨院

四十肩・五十肩は回復するのに時間がかかるとは言いましたが、治らない症状ではありません。きちんとケアを行っていけば治る症状です。

 

四十肩・五十肩には治っていく段階があります。

・炎症期(2~12週)

明らかな原因はありませんが、急激に痛みを生じる期間です。何もしてなくても痛かったり、寝ているときに痛みが出たりします。

・拘縮期(3~12ヵ月)

炎症期の激しい痛みはやわらいできますが、肩の動きが制限されてくる期間です。動かしにくさから日常生活にも影響が出てきてしまいます。

・回復期

徐々に動かしたときの痛みや動かしにくさが取れてくる期間です。再度拘縮しないように積極的にリハビリを行う必要があります。

 

 

このように時間は必要にはなってきますが、必ず良くなります。早くに回復期に入るためには【炎症期】の段階で早めに施術を行うことです。この時期の差で今後に大いに関わってきます。多くの人は「このぐらいやったら、、、」とか「すぐ治るやろう、、、」で施術を行わなくて後悔をされています。ですので、早期施術おすすめします。

宇治東洋鍼灸整骨院の四十肩・五十肩に対する施術法|宇治東洋鍼灸整骨院

何度もお伝えしましたが、四十肩・五十肩は筋肉が原因となります。中でも深層の筋肉です。筋肉は浅層・中間・深層と三層に分かれます。マッサージなどの手技では浅層、届いて中間の筋肉にしか届きません。ですので、深層の筋肉にアプローチを加える鍼灸施術で対応させていただきます。鍼灸施術では筋肉に直接刺激が加えられるので効果的です。筋肉は硬くなると血液循環が悪くなります。そうなることでお身体に不調を来たしますし、痛みや運動制限が出現してしまいます。刺激を加えることで本来筋肉が持っている「ポンプ作用」が再び働きだしますので、血液の流れが良くなり弛緩してくれます。そして、宇治市 大久保の宇治東洋鍼灸整骨院では局所の施術だけではなく、四十肩・五十肩があることで負担を引き起こしているであろう筋肉にもアプローチを加え、同時に改善させていきます。患者様の貴重なお時間を無駄にしたくないからこそ、宇治市大久保の宇治東洋鍼灸整骨では四十肩・五十肩に対するプログラムを設けておりますので詳しくはスタッフまでお尋ねください。

宇治市 大久保の宇治東洋鍼灸整骨院の四十肩・五十肩に対する

【全身経絡鍼灸施術】はこちら→全身経絡鍼灸施術

動きがある程度出てきた段階で四十肩・五十肩を引き起こしている根本の原因を追究していきます。骨盤背骨のバランスが悪くなると本来の姿勢も崩れてしまいます。すると肩甲骨も正常の位置ではなくなってしまいます。肩甲骨の位置が崩れると、様々な筋肉に負担がかかります。意外と知られていませんが、腕を上げるなど肩の動きには肩甲骨の動きが絶対に必要になります。こういった場合は背骨骨盤の矯正施術を行い、背骨と肩甲骨のバランスを整えていきます。結果、肩の症状も改善しますし再発も防止できます。

宇治市 大久保の宇治東洋鍼灸整骨院の四十肩・五十肩に対する

【背骨骨盤全身矯正】はこちら→背骨骨盤全身矯正

 

 

 

このようにその場しのぎの施術だけではなく、痛みを取りつつ再発も防ぎ根本的な施術を行っていくのが宇治市大久保の宇治東洋鍼灸整骨です。ただ単に施術を行うのではなく、一人一人のお仕事や生活スタイルに合った運動方法や、生活指導もお伝えし、負担のかかる姿勢への指導も同時にさせていただいております。

私たち施術者だけが症状を治すのではなく、患者様も一緒に治していくということが、四十肩・五十肩をよくする一歩になります。

 

宇治東洋鍼灸整骨院

お問い合わせ

住所
〒611-0031 京都府宇治市広野町一里山65-3 クレスビル1F
駐車場
6台完備

受付時間