受付時間

宇治東洋鍼灸整骨院 0774-66-3358

腰のヘルニア

坐骨神経痛に関係するブログはこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「腰のヘルニア」

「腰のヘルニアの原因」

「腰のヘルニアの施術方法」

 

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 腰が痛い
  • 慢性的な腰痛がとれない
  • 足が痺れる
  • 足が動かしづらい
  • 足が麻痺している感じがする
  • 歩きづらい
  • 足が痛い
  • 足が常にだるい
  • 足の感覚がない

ヘルニアって??|宇治東洋鍼灸整骨院

ヘルニアとは、本来の意味からいうと体内の臓器が本来あるべき位置から脱出してしまった状態を指します。有名なところでは、臍ヘルニア〈でべそ〉、鼠径ヘルニア〈脱腸)があります。これが背骨の椎間板におこったものを椎間板ヘルニアと呼びます。椎間板は背骨の骨と骨の間のクッションのようなもので、椎間板のおかげで背骨がしなやかに動くことができ、背骨にかかる負担を減らしてくれています。背骨は頚椎・胸椎・腰椎に分けられ、その全ての骨の間に椎間板が存在しますが、構造的に負担がかかりやすい頚椎と腰椎に好発します。特に腰痛の椎間板は動きも大きく、体重の数倍の負担がかかるといわれているので腰部のヘルニアになることが多いです。

腰部のヘルニアが起きると腰の神経をヘルニア部分が圧迫してしまい、その圧迫された神経の通り道の部分で痺れや痛みが出ます。

ヘルニアは急になることは少ないです。まず、腰痛が初期症状としてあげられ、腰痛がキツくなってくると同時にヘルニアの症状である、痺れや足の痛みなどがでてきます。まず腰痛を感じた時点でヘルニアに移行しないように予防することが大切です。

なぜヘルニアになるのか?|宇治東洋鍼灸整骨院

椎間板ヘルニアの主な原因は椎間板への強い圧力です。椎間板は、髄核と呼ばれる軟らかい組織と、それを覆う線維輪と呼ばれる硬い組織でできています。椎間板に大きな負担がかかると線維輪が破綻し、そこから軟らかい髄核が突出してきます。そして突出した髄核が神経に当たると、その神経が行った先の痛みやしびれを感じたり、動きにくくなったりするわけです。
ヘルニアは腰痛とともに併発することがほとんどです。腰痛により荷重や動きに耐えられなくなった椎間板が破綻することによって髄核が突出して神経に触れるようになります。

腰痛によって負担のかかりっぱなしの腰椎はいつヘルニアになってもおかしくありません。ヘルニアはまず腰痛が出ている時点で予防しておくことが大切です。

なぜヘルニアは良くならないの?|宇治東洋鍼灸整骨院

・注射、薬では完治しない

ヘルニアでよく病院に行くと、注射や薬を渡されます。しかし、注射・薬でヘルニアが完治することはありません。
注射や薬はその場の痛みを取るもので痛みの原因を根本的に取ることではありません。
完治させるためには痛みをとるだけではなく「ヘルニアになってしまった原因」を取り除かなければなりません。原因を断定してその原因を施術することで根治するものです。
・マッサージだけでは良くならない

椎間板が後ろに突出するのは上下の骨に圧迫されるためです。なので、いくらマッサージで筋肉を柔らかくしても、圧迫を和らげることはできません。むしろ下手にマッサージをしてしまうと、マッサージの圧で突出した髄核がさらに神経に触れてしまい、ヘルニアの症状が悪化してしまう可能性もあります。自分の判断でのマッサージや、機械を使ってのマッサージなどは絶対にやめておきましょう。

宇治東洋鍼灸整骨院ではどのように施術するのか|宇治東洋鍼灸整骨院

宇治東洋鍼灸整骨院ではヘルニアの症状によって施術方法を変えております。

痛みやしびれがかなりきつく歩行も困難な場合はまず、症状を少しでも軽減させるために鍼灸施術を行います。

鍼灸施術で痛み痺れを少しでも落ち着かせることで患者様も安心できますし、何より少しでもマシになると希望が持てると思います。

鍼灸施術は筋肉の緊張を緩めることが目的で、神経を圧迫している筋肉も緩めることが大切になってきます。また鍼灸施術では症状のある場所にだけ施術を行うのではなく、全身のツボを使い、ヘルニアに効くツボも使用しながら行います。

宇治市 大久保の宇治東洋鍼灸整骨院の腰のヘルニアに対する

【全身経絡鍼灸施術】はこちら→全身経絡鍼灸施術

そして痛みがましになってきた時点で痛みを出しているほんとの原因を突き詰めていきます。ヘルニアの原因である椎間板の突出を起こしている骨の圧迫を少しでもなくすために、背骨骨盤の歪みを診ていき、歪みを取るように骨盤矯正を行います。
もちろんむやみやたらに骨盤矯正を行うのではなく、症状からどこの場所で神経が圧迫されているか?動きを確認してどの動きができないのか?などの問診から得られた情報から骨盤矯正という治療を選択していきます。
上下の背骨によって圧迫されている髄核。上下の背骨の動きをしっかりと作ることによって、髄核の逃げ場を作ることができ神経の圧迫を避けることができます。

宇治市 大久保の宇治東洋鍼灸整骨院の腰のヘルニアに対する

【背骨骨盤全身矯正】はこちら→背骨骨盤全身矯正

宇治東洋鍼灸整骨院

お問い合わせ

住所
〒611-0031 京都府宇治市広野町一里山65-3 クレスビル1F
駐車場
6台完備

受付時間