受付時間

宇治東洋鍼灸整骨院 0774-66-3358

足底筋膜炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 足の裏や踵が痛い

  • 朝起きてすぐや長時間歩いたときに痛い

  • 立ちっぱなしが続くと痛い

  • ランニングをすると痛い

  • 革靴やヒールを履くと痛い

  • 足の裏を押すと痛い場所がある

足底筋膜炎とは?|宇治東洋鍼灸整骨院

足の踵から指にかけて足底筋膜というのは存在するのですがこの足底筋膜に炎症を起こした状態のことです。

 

ちなみに足底筋膜は土踏まずのアーチを支えたり、足が地面に着いた際の衝撃を吸収する役割があります。

また歩くときや走るときに使うふくらはぎの筋肉が動いた際に引っ張られます。

炎症を起こした状態の足底筋膜が歩いたり動かされることで引っ張られるので電気が走ったような痛みが走ったりピーンと張ったような痛みが走ります。

 

足底筋膜炎の原因|宇治東洋鍼灸整骨院

足底筋膜炎の原因は、足底筋膜への負担の増加(例:トレーニング量の増加や体重の増加)、足底の筋力や柔軟性の低下です。

 

例①→運動不足でランニングを始めた方


今まで運動されてなかった方がランニングをされた場合、足底筋膜含め足の筋肉に負担がかかる上になかなかその疲れというのは取れません。

ランニングによる足底筋膜の疲れが取れないまま練習を続けられると足底筋膜は休む暇がありません。

疲れた状態で何度も何度も足底筋膜が引っ張られると痛みという形で身体からSOSが出されます。

 

例②→体重の増えた方は歩くことに必要なパワーが増します。

 

主にふくらはぎの筋肉のパワーが必要になるのですがふくらはぎの筋肉というのは踵についているので同じ踵についている足底筋膜も引っ張られます。

今まで以上に引っ張られることになるので負担がかかります。

 

例③→革靴やヒールを履く方


クッション性の低い革靴や背伸びをした状態のヒールを履く方は常に足底筋膜が引っ張られた状態で目一杯伸ばされます。

この状態で歩くなど刺激が加わると負担となることは想像つきますよね。

 

例④→柔軟性が低下した状態


この状態だと本来であれば動ける範囲も無理矢理引っ張って動かさないといけないので足底筋膜はちぎれそうになった状態で歩いたりして負担がかかるので繊維に傷がつき炎症が起きます。

 

 

上記で上げたのはあくまで例です。例外も数多くあるのですが共通して、足底筋膜に何かしらの負担がかかることで起きる症状なので、しっかりと施術をすることをお勧めします。

 

ではどうすればいいのか?
宇治大久保の宇治東洋鍼灸整骨院にお任せください!

宇治東洋鍼灸整骨院での足底筋膜炎施術|宇治東洋鍼灸整骨院

超音波施術

 

足底筋膜に痛みが生じる状態であれば他の筋肉も硬くなっています。なので超音波治療をし筋肉をほぐします。

そうして柔軟性を取り戻し足底筋膜の動きをよくすることで負担を減らします。

(超音波治療では奥の方の組織や細胞に一時的に刺激を与え修復力を高めます。修復力が高まると炎症を抑えることができます。また超音波を当てることで深部を1秒間に200~300万回振動させることができるので血流を良くします。)

 

 

鍼灸施術

(鍼灸施術についてはこちらをクリック)

 

足底筋膜はふくらはぎからくる筋肉が多く存在ます。

ふくらはぎの筋肉の緊張を取り除くことで症状も緩和します。また、足底筋膜炎に効くツボもありますので、ツボも使いながら施術を行います。

 

 

テーピング施術

伸縮性のあるテーピングを巻き筋肉の動きの補助をします。

動きの補助をする役割の他にも動く範囲に制限をかけ傷んだ状態の足底筋膜や筋肉が過度に伸長させることを防ぎます。

 

 

 

足というのは生活をするのに使わないわけにはいきません。ですがその足に痛みがあるとすごいストレスですよね。

もし足底筋膜炎でお悩みであれば宇治大久保の宇治東洋鍼灸整骨院にお越しください!

宇治東洋鍼灸整骨院

お問い合わせ

住所
〒611-0031 京都府宇治市広野町一里山65-3 クレスビル1F
駐車場
6台完備

受付時間